栗原 恒男: 個人成績

打撃成績

年度年齢背番号チーム出場打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点得点四死球盗塁三振犠打飛塁打数打率出塁率長打率
2000R4469D14444317420129124025.395.4090.581
2001R4569B124140810036131109.200.2200.225
2002R4669E11323071003422408.233.2810.267
2003R4769C154441922078325015.220.2730.366
2004R4869E113228501008313717.179.2580.250
2005R4969D1435339111662105015.273.3140.455
2006J5069A133630520011062207.167.3060.233
2007J5169A15373341108442807.121.2160.212
2008J5269C11282752004311207.185.2140.259
2009J536912282740003113404.148.1790.148
2010J5469C153936100006113163010.278.3330.278
2011J5569D14333390002504409.273.2730.273
2012J5669D13343281003225709.250.2940.281
2013R5769A153333941055026015.273.2730.455
2014R5869C11282380001753408.348.4640.348
2015R5969A8191910003003401.053.0530.053
2018R6269C9151331000520204.231.3330.308
合計: 17年213558521121208167943673821160.232.2810.307

投球成績

成績なし

は、各年度の最高記録(防御率のみ最小値、他は最大値)です。
は、各年齢の最高記録です。ただし、年齢の基準が年度によって違うため、参考記録としてください。
・犠打と犠飛を区別して記録していないため、出塁率は(安打+四死球)/(打数+四死球)で計算しています。
・当年度の完投、完封、無四球完投の記録はシーズン後に更新されます。
・空欄になっている項目はデータが残されていません。
・2006年~2012年はジュニアリーグ、シニアリーグに分けて成績が記録されています。これらの年度は、2006J、2006Sなどと表記されています。その他の年度は2019Rなどと表記されています。
・2020年は短縮シーズンのため、打率・長打率・出塁率・防御率・勝率は参考記録(規定打席/投球回の到達者なしの扱い)になります。
・データの不備などにお気づきの場合は、72佐藤までお知らせください。