東京コメッツ試合内規
  1. 総則
  2. 試合準備
  3. 試合のマナー
  4. ゲームの進行及び試合ルール
  5. 助っ人
  6. 新入団選手
  7. 再入団選手
  8. 審判・スコアラー
  9. ローカルルール
  10. 記録・表彰
  11. その他

内規は各年度周囲の状況の変更に応じて改訂する。

改訂は監督会議で審議し運営委員会の了承を得て改訂する。

内規は全ての会員が閲覧できるようにする。

改訂部分は毎年別紙にてその年度のルールを記載し、こちらも同様に全ての会員が閲覧できるようにする。

1総則
1-1公式戦のルールは当該年「公認野球規則」(全日本野球連盟)東京コメッツの独自のルールにより実施する。
1-2今年度の公式戦ルールは内規2020に記載する。
1-3本内規は毎年監督会議の中で協議し改訂・変更・追加する。その後は役員会の承認を得て決定する。
2試合準備
2-1グランド料金の支払い方法については、グランドにより異なる。
2-2審判及びスコアラーは監督会・専門委員が依頼する。第三者又は、休会員によって行う。
2-3第1試合前の準備は緑色チームが行う。
雨天時のグラウンド状態の整備(砂撒き等)、ベース設置、水撒き等を行う。
2-4試合5分前に支給してある新球2個を主審に渡す。
ボール紛失した場合新球に近いきれいなボールを両チーム交互に主審に渡す。
試合球は新球M号を使用し開幕前用具担当より各監督に支給される。(試合数×2個)
2-5試合5分前に支給してあるメンバー表2部とスコアシート1部を審判・スコアラーに手渡す。メンバー表とスコアシートは開幕前に支給される。
2-6試合当日の雨天等による開催の可否は担当役員が球場に確認した上で決定し速やかに監督会連絡網で連絡する。
各監督が監督会連絡網を経由して各部員に連絡する。
試合遂行の際には特に事務局長からの連絡は無い。
球場により連絡対応時間が定まっていないので第1試合の両チームは試合開始時間に間に合うように球場に向かう事。
2-7緑色ユニフォームのチームは3塁側ベンチに入り先攻となり赤色ユニフォームのチームは1塁側ベンチに入り後攻となる。
2-8試合開始60分前に既定のユニフォームで集合し準備運動し審判の指示でホームベースに集合する。
2-9前試合のグランド使用がコメッツの場合、試合開始60分過ぎたら外野のファールゾーンで練習ができる。
2-10試合終了後のグランド整備・清掃は赤色後攻チームが行う。
2-11メンバー表にはベンチ入りした全ての選手・助っ人・お試し選手を記載する。
2-12各チームで任命されたビデオ係は、試合中にビデオが動作されているか確認する。設置・回収まで行う。又、操作方法は取説で確認する。
3試合のマナー
3-1試合開始60分前に会規定のユニフォームに着替えて集合し準備運動を行う。
3-2欠場・遅刻
欠場・遅刻の場合、選手は三日前(通常木曜日)までに監督又はキャプテンまで必ず連絡する事。
3-3試合は監督の指揮に従いスピーディーかつ円滑に進行する。
3-4審判へのアピールは監督又は監督不在時の主将に限定する。
ストライク・ボールの抗議は認めない。
3-5帽子・ユニフォーム・アンダーシャツ・ストッキングはコメッツ正規のものを着用する。
・同色のカラーストッキングは可とする。
・コメッツ正規に準ずる同色のものは可とする。
・冷時のウインドブレーカーの色は何色でも可とする。
3-6打者は必ずヘルメットをかぶる事。
3-7同伴者のベンチ入りは可とするが、事故等の責任は個人責任とし、東京コメッツでは一切の保障は行わない。
3-8喫煙はベンチ外の指定場所のみ可とする。
3-9グランド・ベンチのゴミ・ペットボトル・吸い殻は当事者が処分する。各チームの監督は責任を持って管理する。
3-10相手選手・味方選手に対する。下品なヤジや罵声は禁止とする。した選手は試合後チームの監督を通して役員会へ申し出てフェローシップ委員会で裁定する。
4ゲームの進行及び試合ルール
4-1ルールについては当概年「公認野球規則」(全日本野球連盟)及び会独自の「コメッツ野球規則」による。
4-2会独自の「コメッツ野球規則」は内規2020に記載する。
5助っ人
5-1助っ人ルールは内規2020に記載する。
6新入団選手
6-1あらかじめ監督会で順番リストを作成し役員会・監督会情報網で公表する。
6-2上記を踏まえ担当役員は新入団選手のお試し試合を設定することとし、お試ししたチームに配属される。但し諸事情により変更もありとする。
6-3新入団選手が手続き完了して決定したら役員会・監督会情報網で公表する。
6-4上記に基づき選手は順番通り配属される。
6-5定員が一杯の場合は、その選手の承諾の元に準会員登録が可能となる。
この場合は入団金のみ支払い(但しユニフォーム・背番号は準備)して待機となる。当初は助っ人として各監督が召集出来る。この場合はお試しと同様で、打撃も可能でルールはお試し選手と同様の扱いとなり、記録には換算しない。チームの中で常に参加選手の出席率が悪いと判断した際に、チーム監督が全監督の同意の上で、準会員を正式会員と出来る。この時より部費の支払いが発生する。(費用に関しては、都度決める)
7再入団選手
7-1内規2020に記載する。
8審判・スコアラー
8-1内規2020に記載する。
9ローカル・ルール
9-1内規2020に記載する。
10記録・表彰
10-1順位は勝率優先とし、勝利数÷試合数とする。
10-2勝率が同数の場合対戦成績とし、それも同数の場合は得失点差とする。
10-3成績優秀選手表彰決定基準
投手部門(●は規定投球回を超えての表彰項目)
●防御率1位 ●勝率1位 ・最多勝利 ・最多奪三振 ・最多セーブ(5セーブ以上対象)
規定投球回 17試合×2イニング 34回以上
打者部門(●は規定打席を超えての表彰項目)
●首位打者 ●打率2位 ●打率3位 ●最高出塁率 ●最高長打率
・本塁打王 ・打点王 ・盗塁王 ・得点王
規定打席 12試合以上出場で29打席以上
捕手部門(●は規定回を超えての表彰項目)
●最多盗塁阻止数
10-4新人王は及び特別賞は監督会で推薦者を出し、役員会で承認となる。
10-5勝利投手の規定
先発投手については
7回の試合は4回
5・6回の試合は3回
3・4回の試合は2回
以上の投球をしないと勝ち投手の権利とはならない。
それ以外はプロ野球と同等のルールを用いる。
10-6セーブ投手の規定
セーブ投手については
6・7回の試合は最後2回(最終回まで完了)
4・5回の試合は最後1回(最終回まで完了)
してチームが勝っていれば無条件でセーブとなる。
その他のセーブ規定はプロ野球と同等のルールを用いる。
11その他
  大規模な天災、人災、ウィルス等により、シーズン前及びシーズン中に開催中止となった場合は、その年の参加費等はその都度役員会・監督会で協議してから、払い戻し等有り・無しか協議して決める。又、記録等(主にチーム記録やタイトルで個人記録は残す)も同様にその都度役員会・監督会で協議をして決める。
■東京コメッツ野球クラブ
制定日 S49.3.1 発行日H18.1.24
改定日 H18.1.24改訂記号E
改定日 H19.2.3 改訂記号F
改定日 H20.2.10改訂記号G
改定日 H21.2.15改訂記号H
改定日 H22.2.7 改訂記号I
改訂履歴
改訂年月日 版数 改訂理由 作成 承認
H14年2月17日 A
H14年12月1日 B
H16年2月29日 C
H17年1月24日 D 様式変更、内容整備、修正、追加 柳沢 水野
H18年1月22日 E 2リーグ制発足に伴う整備  豊田 河下
H19年2月3日 F 使用球変更・助っ人制度の整備等 増田 河下
H20年2月10日 G リーグ名変更に伴う整備等 平林 木川
没収試合の項目削除、助っ人規約修正
H21年2月15日 H 助っ人規約、ベンチ入り、ボール当番等修正 木村(豊) 木川
H22年2月7日 I 助っ人規約 G会員削除、試合成立メンバー数変更 小林 柳沢
H23年2月13日 5(a)8-1(a)8-3(f)(g)(h)8-7変更(運営委員会了承)
H23年3月27日 8-1(a)追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H23年7月31日 1、8-6変更(監督会議検討、運営委員会了承)
H24年1月8日 変更、追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H25年1月20日 変更、追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H26年1月25日 変更、追加(監督会議検討)
H26年5月11日 変更、追加(監督会議検討)
H27年1月18日 変更、追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H27年2月28日 変更、追加(監督会議検討)
H27年6月20日 追加(監督会議検討)
H28年1月17日 変更、追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H28 年 3 月 12 日 変更、追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H29 年 2 月 10 日 変更、追加(監督会議検討、運営委員会了承)
H29 年 3 月 25 日 追加(監督会議検討、運営委員会了承)
R2年2月29日 追加(監督会議検討、運営委員会了承)

原版のダウンロード