2020新型コロナウィルス対策以降のシーズン指針

  1. 今シーズン当初の試合数17試合(8チーム総当たり14試合経過後上位4チームと下位4チームが3試合総当たりして、勝利数最多が優勝)のルールを、試合数10試合(8チーム総当たり7試合経過後 上位4チームと下位4チームが3試合総当たりして、勝利数最多が優勝)に変更する。
    途中10試合出来ない場合は、総当たり7試合でシーズン終了もありえる。この場合は7試合終了時点での勝利数で優勝を決める。
    6試合以下の場合は、シーズンとしてのチーム優勝は無くし、個人記録のみ残す。試合の出席に関しては、自己責任の元に行う。
  2. オープン戦を6月7日に行い、6月21日を開幕カードとする。
    今年最初に大幅にルールを変更したので、6月7日のオープン戦を新ルールで行い、各監督は選手にルールの徹底を指示する。
  3. 今年は特別休会制度を採り入れ(別紙参照)、1チーム人員が減少すると見込まれるため、一部助っ人制度の変更をルール化する。
    1チームは最低出場人数6名以上とし、不足は助っ人依頼する。助っ人は今回は打撃も出来る事とし(個人成績には反映されない)、守備に関してもバッテリー以外は守れる事とする。
    その為に通常シーズンは前週木曜日までを参加不参加の確認の締め切りとしているが、1日前倒しの水曜日に変更する。
    又、どうしても助っ人でも揃わない場合は、試合数の多い又は参加者の多い2チームを選抜して助っ人チームとして参加してもらう。この際は事務局長判断とする。助っ人チームとは助っ人割り振りチームなので、試合参加数とはならない。
  4. 試合中の注意事項について
    1. 試合前の朝に必ず個人検温を行う事。37.5度以上ある場合は参加しない事。
    2. 試合前後の整列挨拶は無しとする。
    3. ヘルメットの貸し借りの禁止。必ずマイヘルメットを着用する。現在コメッツには24個のコメッツヘルメットがあるが、1000円にて購入可能なので持ってない人は各チームの監督に申し入れるか、スポーツ店等で新たに購入する事。
    4. バットは他の人のを借りる場合は素手での使用は禁止し、必ず試合用手袋を着用する事。
    5. 試合中のベンチでの大声・大声声援は禁止。出来ればマスク着用が望ましい。又、選手間のハイタッチや円陣、掛け声も禁止する。
  5. 公式記録について
    チーム記録は1.を参照
    個人記録(個人タイトル)
    • 7試合以上消化した場合
      打率・長打率・出塁率・防御率・最高勝率・盗塁阻止率は参考記録とし、それ以外の項目はその年のタイトルとして残す。
    • 6試合以下の場合
      すべてのタイトルは残さない。
     個人成績
    • 打者 規定打席(打率・長打率・出塁率だが全て参考記録として)
      10試合の場合 7試合出場以上で17打席以上
      7試合の場合  5試合出場以上で12打席以上
      又7試合以降の途中で打ち切りの場合
      8試合の場合 5試合出場で14打席以上
      9試合の場合 6試合出場で16打席以上
      打率・長打率・出塁率以外は規定なし
      7試合以上で個人タイトルだが6試合以下でも年次成績として残す。
    • 投手 規定投球回数(防御率1位・最高勝率だが全て参考記録として)
      7試合以上 試合数×2イニング
      防御率1位・最高勝率以外は規定なし
      7試合以上で個人タイトルだが6試合以下でも年次成績として残す。
    • 捕手 規定捕手回数(盗塁阻止率1位だが参考記録として)
      7試合以上 試合数×2イニング
      盗塁阻止数 規定なし
      7試合以上で個人タイトルだが6試合以下でも年次成績として残す。
  6. 年会費について
    試合数が減りましたが、基本的に今年度での年会費の払い戻しは致しません。
    年末での収支が出た後で、経理部門より払い戻し可能額を出してもらい、
    役員会での承認後発表します。基本的には来年休会・退会の方以外は来年度の会費より減額する予定です。(払い戻し額があったとしてです。)
    • 正会員で来年も正会員・・・来年の会費で調整
    • 正会員で来年休会・・・・・来年度の休会費を除いた額での調整
    • 正会員で来年退会・・・・・来年早々に払い戻し
    • 特別休会で来年正会員・・・来年の会費で調整
    • 特別休会で来年休会・・・・来年度の休会費を除いた額での調整
    • 特別休会で来年退会・・・・来年早々に払い戻し

令和2年5月31日
東京コメッツ役員会・監督会