コメッツの紹介を表示
今年度役員会 規約・お知らせ
今年度公式戦 過去の公式戦
対外チーム 記録の手帳
更新履歴

【更新2024/4/14】公式戦第6戦3試合のスコアを掲載しました。訂正依頼は4/28までに監督から88久保田までお願いします。
【更新2024/4/7】公式戦第5戦3試合のスコアを掲載しました。訂正依頼は4/21までに監督から88久保田までお願いします。

2024年度公式戦勝敗表
4/14現在。引き分けは0.5勝0.5敗。
順位チーム試合勝数引分負数勝率ABCDEF
1ARE6501.833
A7-2B
B2-3xA
A12-7C
D2-3A
4/21⑦A-D
A6-4E
A1-3F
5/12⑧F-A
1Firebirds6501.8330
A1-3F
5/12⑧F-A
F2-3B
4/21⑦B-F
F18-2C
F8-6D
E0-5F
F5-2E
3Devil men6402.6661
D2-3A
4/21⑦A-D
B4-6D
C3-6D
D2-1C
D9-4E
5/12⑧E-D
F8-6D
4Emperor6204.3332
A6-4E
E10-5B
E4-3C
4/21⑦C-E
D9-4E
5/12⑧E-D
E0-5F
F5-2E
5BE FIRST6105.1661
A7-2B
B2-3xA
B9-12C
5/12⑧C-B
B4-6D
E10-5B
F2-3B
4/21⑦B-F
5Challenge6105.1660
A12-7C
B9-12C
5/12⑧C-B
C3-6D
D2-1C
E4-3C
4/21⑦C-E
F18-2C
2024年度選手成績
規定打席/投球回は暫定です。試合消化チームの規定打席は、投球回はです。

2024年度公式戦⑥第6戦
F8-6D

この試合の動画はありません。たいへん申し訳ありません。

A12-7C
E10-5B
閉じる

2024年度公式戦⑤第5戦

BvsAの試合終了後に、転勤に伴いコメッツを退会になる藤原範さんを胴上げしてその労をねぎらいました。藤原選手は、2019年打点王、2022年最多勝などのタイトルを獲得され、2022-23年にはチーム監督も務められました。好選手がチームを離れるのは残念ですが、またいつか一緒にプレーできることを祈りましょう。

4月7日の試合で次の記録が達成されました。おめでとうございます。
B33藤原範投手 - 通算400奪三振(10人目)
B46柴田進選手 - 通算150安打(70人目)
E89高島昭治選手 - 通算30二塁打(78人目)
F93石井建樹選手 - 通算100試合出場(172人目)
F17佐川崇宣選手 - 通算100試合出場(172人目)
E43森﨑敬一選手 - 通算100試合出場(172人目)

プレー写真
プレー写真
B2-3xA Aがサヨナラ勝ちで、ラスト登板のBエース藤原を送別?

ラスト登板を勝利で飾りたい藤原は、6回までAを完封。追い詰められたAは、7回裏ツーアウトで、四球と盗塁の嶋田をサードに置き、3番山田は初球を振り抜くと右中間3塁打。1点差に。続く4番藤平はゴロで抜けるセンター前ヒットで土壇場で同点とした。続く新人柴田陽の初球に藤平が盗塁。送球がイレギュラーし外野に転がりセンターがこれを後逸。その間に歓喜のサヨナラのホームを踏んだ。Bは、最終回山田監督のタイムリーのあとにさらに追加点が欲しかったが出来なかった。藤原投手は、ラスト素晴らしい投球を披露してくれた。ありがとう!

ヒーローインタビュー:A65藤平篤宏(土壇場の同点タイムリーの後サヨナラの得点)
「なかなか点が取れない展開で、最後の打席はフライだけは上げないようにと思って立ちました。転がった場所が良くてよかったです。みなさんの思いが逆転のホームを踏ませてくれたと思っています!ありがとうございました!」

プレー写真7回表無死23塁 B1山田監督の追加点タイムリーヒット(動画
プレー写真7回ウラ2死3塁 A65藤平同点タイムリーからの盗塁サヨナラ(動画
D2-1C 荒れたグラウンドで見事な接戦。Dが勝利。

Dは、同点の2回に先頭の杉本がしぶとくライトへヒットと盗塁ゴロの間に三進。9番野坂のショートゴロを少しお手玉しファーストに送球する間にホームイン。1点リードする。対するCは、初回の満塁で1点止まり。その後も両チームランナーを出すも鴨下、鈴木智両投手の粘りの投球&守備で点が入らず、Dが辛勝した。

プレー写真1回表無死12塁 D21鴨下のタイムリーヒット(動画
プレー写真4回ウラ2死 C79葛谷レフトへエンタイトルツーベース。この日2安打(動画
F5-2E 効率よく得点し守り抜いたFが勝利。4勝目。

Fは、初回4番上村の2塁打などで2点を先制(上村はこの日3打数3安打)。その後も3回、6回何れもツーアウトから得点し5点を入れた。投げては、無双宍戸は今日も自責点ゼロ。5試合防御率0.00継続中。対するEは、セカンド牽制で2回、本塁で2人アウトとなり、追いつけなかった。

プレー写真1回ウラ2死 E89高島のエンタイトルツーベース(動画
プレー写真6回2死13塁 F99上村この日3安打。2本目の見事な左中間2塁打(動画
閉じる

2024年度公式戦④第4戦

3月31日の試合で次の記録が達成されました。おめでとうございます。
B33藤原範投手 - 通算450投球回(24人目)
D21鴨下誠投手 - 通算450投球回(25人目)
A20中村久雄投手 - 通算200奪三振(26人目)
E89高島昭治投手 - 通算400投球回(28人目)
C49鈴木実選手 - 通算100得点(93人目)
B42山本実選手 - 通算150試合出場(110人目)
B9川嶋歩選手 - 通算100安打(130人目)
D55塩山大選手 - 通算50四死球(132人目)
D00坂本敏明選手 - 通算100試合出場(169人目)
D2斉藤大作選手 - 通算50得点(200人目)

今日のホームラン

D3清水 誠 1号ソロ[先頭打者 コメッツ1号]
D3清水 誠 2号満塁[2打席連続]

 
A1-3F 少ない好機に得点 Fが逃げ切り

Fは2回裏、2死満塁で海江田が中前に適時打を放ち、1点を先制。続く佐藤令の左前適時打で2点目を挙げた。これに対し、追うAは4回表、中前安打で出塁した嶋田が2盗と三ゴロで3塁へ。失策の間に生還し、1点を返した。しかし、5回裏のFの攻撃。2死1、3塁でAの中村久がボーク。手痛い追加点を許した。

プレー写真2回裏2死満塁 左前適時打で2点目を挙げたF86佐藤令(動画
プレー写真4回表1死、中前安打を放つA5嶋田(動画
D9-4E 先頭弾!満塁弾!D、清水の2打席連続本塁打で快勝

Dは1回表、先頭の清水がカウント0-1からの2球目をとらえた。打球はレフトを大きく越え、一気に生還した。その裏に逆転を許し2点を追う2回表、2死満塁で再び清水。バットを鋭く振り抜くと打球は再びレフトへ。逆転の満塁本塁打になった。Dは5回表に1死満塁から大山が左前適時打を放つなどして3点を加点し、引き離した。一方、Eは1回裏、1死1、2塁で武藤が適時打を放つなどして4点を挙げ、一時はリードを奪ったものの、3回以降は好機を生かせず、及ばなかった。

プレー写真1回裏1死23塁でE57武藤が適時打を放つ(動画
プレー写真5回表1死満塁から左前適時打を放つD16大山(動画
B9-12C 鈴木智の適時打で勝ち越し、金丸の3塁打で突き放す ビッグイニングでC初勝利

4対4の同点で迎えた4回裏、Cは中村徳の内野安打をきっかけに無死満塁に持ち込んだ。この好機に鈴木智のタイムリーで2者が生還。勝ち越しに成功した。その後も敵失に加え、金丸が値千金の3塁打を放ち、一気に7点を挙げ、突き放した。これに対し、Bは5回表、無死1、2塁で釣部の2塁打で2点を返上。6回表には1死満塁から四死球や野選で3点を挙げ、追い上げたものの、及ばなかった。

この試合の動画は5回以降が映っていません。たいへん申し訳ありません。

プレー写真4回表無死 B7星野が右前安打を放ち、出塁。追い上げのきっかけを作る(動画
プレー写真4回ウラ2死13塁 3塁打を放つC53金丸(動画
閉じる

2024年度公式戦③第3戦

3月24日の試合で次の記録が達成されました。おめでとうございます。
A88久保田豊男投手 - 通算70勝利(7人目)
C39鈴木智信投手 - 通算450投球回(22人目)
E43森﨑敬一投手 - 通算50登板(45人目)
F6下温湯光司選手 - 通算100四死球(55人目)
D99須藤聡之選手 - 通算100盗塁(73人目)
B22大友健一選手 - 通算50盗塁(156人目)
D12東岡徹選手 - 通算50安打(228人目)

今日のホームラン

A68山田 陵 2号2ラン[2試合連続]

 
D2-3A 投手戦を山田陵の逆転2点ホームランでAが逃げ切り開幕3連勝

本日3試合すべて1点差の好ゲームとなった。Dは、4回表1-1の同点から4番東岡のセンター前ヒットと盗塁の後、6番須藤のセンター前ヒットで勝ち越した。その裏Aは四球盗塁の嶋田をサードに置き、2アウトから山田陵の2ランホームランが飛び出し逆転に成功。2試合連続弾。粘るDは、最終回に二度スコアリングポジションに送るが、ツーアウトからの遊撃送球エラーからの本塁クロスプレーでタッチアウト。惜しくも敗れた。

ヒーローインタビュー:A68山田陵選手(逆転の2ランHR)
「勝ち越された直後の攻撃でツーアウト3塁で回ってきた打席でした。同点にしたいと思っていました。打ったボールはカーブでした。タイミングを崩しましたがなんとか食らいついてすくい上げるとレフトフライと思いましたが思った以上に伸びてくれてました。チームの想いが乗ったホームランでした!」

プレー写真4回表2死3塁 D99須藤の勝ち越し中前タイムリー(動画
プレー写真4回ウラ2死3塁 A68山田陵の柵越え逆転2ランHR(動画
F2-3B 見応えあり!息詰まる投手戦 Bが勝利

草野球、こんな試合があるからやめられない。F無双宍戸とBエース藤原との見事な投手戦となった。互いに譲らず被安打は2と4。渡辺秀の犠牲フライや、1つのエラーからの渋い失点などで2-3のロースコア、Bリードで最終回へ。金井の好守もありツーアウト。そこから水戸部死球、下温湯四球で4番上村。打球はレフトへ。山本実が試合を決めるダイビングキャッチ。捕手の大友は雄叫び。山田Bが接戦を制した。

プレー写真4回表1死 F6下温湯の2塁打。この日2安打で現在首位打者(動画
プレー写真7回表2死12塁 勝利を決めるラストB42山本実のダイビングキャッチ(動画
E4-3C Eが初回の走力を生かした攻撃で先制し接戦をものにした

Eは初回エラーと四球に3個の盗塁で2、3塁とし(Eは本日13盗塁)、4番武藤のセンター前タイムリーヒットとエラーで3点を先制。対するCは、3回大畠のタイムリーで1点を返し、続く4回満塁から松本英の内野安打と馬目がセンターの犠牲フライで1点差に詰め寄るが、葛谷の外野に抜けたあたりがセカンドフォースアウトとなり追いつけなかった。

プレー写真4回表無死2塁 E57武藤のタイムリー2塁打。この日2安打3打点(動画
プレー写真4回ウラ1死満塁 C29馬目の犠飛。鈴木智監督が激走ホームイン(動画
閉じる

還暦レポート【3月】
春季第1戦


2024年3月2日、郷土の森A球場にて還暦コメッツの初戦が行われました。今シーズンから3部での試合となります。対戦相手は2部から降格してきた府中ラッキーズ(以下府中L)。1部、2部の常連です。還暦コメッツ(以外還コメ)としては、上位クラスの実力を体験できるとても参考となる試合でもありました。

先発葛谷は、立ち上がり三者凡退で素晴らしいスタートを切りました。しかし、2回にセンターオーバーのホームラン、ヒット、2塁打の長打攻勢で2点を先制されました。4回には単打2本で1点追加されます。

後攻の還コメは、3回までノーヒット4三振と完璧に抑え込まれます。4回裏、2番柴田と3番久保田の2者連続3塁打で1点を返しますが、須藤三振、初参加の嶋村はショートゴロで還暦野球の洗礼を浴びます。(笑)

還コメは、5回裏までに7三振を喰らいますが、葛谷の還コメこの日3本目のヒットで出塁。すかさず、代打田村は死球でつなぎ、続く渡辺憲が鋭くライト前へ運び満塁に。疲れが見えてきた相手投手は大山に死球。1点が入ります。3-2で1点差。なおも満塁。1打逆転とベンチは盛り上がりました!2番柴田に期待がかかります。その柴田はフルカウントまで粘りましたが、外角のストレートにおしい三振。追いつけません。

5回からリリーフの久保田は6回、ヒットのランナーを置きツーアウトから2球目のスライダーを完璧に打たれ、打球はレフトのはるか彼方に消えて転がっていくバイナラ2ランホームランを喰らいました。5-2。後で聞くとその打者は、東芝府中で落合3番、次の4番打者とのこと。打球速度と飛距離にみんなびっくりでした。

還暦野球は、後半勝負!石井監督は常にそう言っております。7回裏最終回連続代打攻勢も石井啓初陣、海江田凡退となりツーアウト。ここまで4安打10三振で配色濃厚崖っぷち。スパイクを脱ごうとしたり、帰り支度をしはじめようとするものも。。。あらら。。。ここからまさかの反撃が。。。代打黒岩がセンターへの2塁打。ナーイスとかる~く声かけながらも、続く帰り支度。が、続く渡辺憲この日2安打目となるレフトへの2塁打で1点が入り5-3。

ベンチは、え!となり、ラストバッターの川嶋に注目。追い込まれながらも必死に食らいつきファール。6球目をレフトへライナーのヒットで1塁上でガッツポーズ。ツーアウト1.3塁、2点差で1番大山に回りました。一発が出れば同点、逆転のチャンス。ペンチは、サンダルに履き替えてしまったものも我を忘れ大騒ぎ。。。

大山は、2球目外角のストレートにドンピシャ。鋭く振り抜くとライトへの大飛球となり外野深く転がっていきました。ランナー2人が帰り、大山はタンクの如き体をゆすりなから歓喜の逆転サ・ヨ・ナ・ラ3ランホームランとなりました。みなさん、おめでとうございました。なお、喜び過ぎたベンチは、整列もしないで大山を胴上げし、相手チームのヒンシュクを買いました。苦笑。

試合後石井監督より、還暦野球は後半勝負。また、10三振はいくらなんでもね〜。コンパクトな打撃を心がけようと、また、つなぐ意識の確認がありました。3部昇格初戦を劇的に勝利した還暦コメッツ。この先もお楽しみに。笑笑

閉じる
過去の記事は、「今年度公式戦」「過去の公式戦」から見られます。