<身長体重>168cm 74kg <生年月日> 1938年10月17日 <出身地> <球歴> コメッツ以外の活動 ①入会して半年が経過した頃、自分でチームを作ったら面白いのではないか と思い、苦労してナインを集めた。しかし、すぐに、グランド、対戦相手の 両面で暗礁に乗り上げてしまった。手当たりしだいに相手チームを見つけ試 合を行った。コメッツのメンバーに胸を借り何度も試合をしてもらい助かっ た。その後、中学校の校庭が朝9時まで開放され、借りることが出来、何と か軌道に乗った。現在、地元の若者6チームでリーグ戦を楽しんでいる。早 朝試合なので辛い面もある。 ②息子の少年野球で付き添い、兼コーチを3年間行った。 長野県飯田市 下平 義郎 <35周年コメント> 好球は矢の如く(光陰矢の如し)コメッツに入会して30年が経過してしまいました。こうして楽しく、 無事に野球ができたのは皆様のお陰であると感謝しています。コメッツに入会する以前は、たまに他の 草野球チームに誘われて、人数合わせの助っ人として野球をする程度でした。当時、酒飲み友達の中に 2人のコメッツのメンバーがいて、4チーム制から6チーム制に増やすから、入会しないかと勧められ、 酒の勢いかはっきりとしたことは忘れたが、簡単に引き受けてしまった。基礎技術や知識がないのにプ レーできるのかと不安であった。球歴といえば、小学校のとき布グローブで野球の真似事をしていたが、 本格的野球とはほど遠かった。使っているグローブからゴミみたいな内容物がはみ出してくることも あった。 初開幕式ではすべての用具がピカピカで、身の引き締まる思いがした。未知への領域に挑戦することで 気持ちも高揚していた。そして、監督からサードを守ってくれと告げられた時には最高潮に達した。何 かの間違えではないかと思った。守っている時、足が地に着かない感じ、球が飛んで来ないことを祈る のみであった。あれから30年、未だにサードのポジションを堅守(?)していること事態が不思議だ。 野球は自分にとって余暇の最高級の利用方法であることから、今後、体の許す限り継続したいと思って いる。 <年度別打撃成績>※所属Sはシニア <年度別投手成績>※所属Sはシニア <獲得タイトル>打点王(1986)他 <背番号> 59 <投打> 右投右打 <座右の銘> 【行雲流水】 肩に力を入れずに自然体で プレー <入会年度> 1978年 2001 1 1 8 1 1 3 2 1 0 0 7.00 累 計 1 1 8 1 0 1 3 2 1 0 0 0 0 0 7.00 ~1998計 95 663 621 115 167 22 6 0 107 40 102 34 2 0 201 0.269 0.324 0.312 1999 15 41 36 10 15 1 0 0 11 5 7 1 0 0 16 0.417 0.444 0.488 2000 15 46 44 12 16 2 0 0 10 2 9 2 0 0 18 0.364 0.409 0.391 2001 13 42 38 10 12 1 0 0 9 3 9 2 1 0 13 0.316 0.342 0.357 2002 12 39 36 7 7 2 0 0 6 2 7 3 0 1 9 0.194 0.250 0.231 2003 12 37 34 6 12 1 0 0 9 3 4 1 0 0 13 0.353 0.382 0.405 2004 14 35 35 3 8 1 1 0 2 0 2 3 0 0 11 0.229 0.314 0.229 2005 14 36 29 3 8 0 1 0 6 6 1 0 0 1 10 0.276 0.345 0.389 2006 11 26 23 2 2 0 0 0 1 3 1 2 0 0 2 0.087 0.087 0.192 2007 14 48 44 16 17 1 1 0 17 3 15 2 0 1 20 0.386 0.455 0.426 S 2008 12 36 32 11 13 4 0 0 10 4 7 1 0 0 17 0.406 0.531 0.472 S 直近10年計 132 386 351 80 110 13 3 0 81 31 62 17 1 3 129 0.313 0.368 0.373 累 計 227 1049 972 195 277 35 9 0 188 71 164 51 3 3 330 0.285 0.340 0.335